×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メガネをかけさせる保護者

子どもの視力が悪くなったら、始めてすぐはメガネをかけさせる保護者の方は少なくないと思います。ただ実は必要以上にメガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)に頼るのもよくありません。なぜならばメガネをかけたからといって視力が回復するわけではないからです。

メガネ(度?などがわかれね、オンラインで購入することも可能ですね)は視力を回復させるものではなくて、遠くをよく見えるためにするといわれているのです。そこをまず理解しておくことが重要です。メガネをつねにかけた状態でいると、目が通常持っている視力を調節する機能を衰えさせることになりますね。

子供の視力回復には視力回復トレーニング(一時的に視力が回復しても、止めるとまた戻ってしまうこともあるようです)が効果があると言いましたが、メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)に頼らずに、遠くを見ることを続けたりやっていると、視力が回復する事もあります。子どもの視力をほんの少しでも回復させるためには、今まで持っていた目の機能を回復させることが重要だと言われています。

メガネ(度?などがわかれね、オンラインで購入することも可能ですね)をすれね、目が本来持っている機能を使わ無くなりますから、視力が段々と落ちてしまうことにもつながってしまうのです。メガネを使うのは、必要最低限にとどめておくことも大切なことかもしれません。