×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

田中謹也「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」

田中謹也氏は視力回復で最近注目されていますね。

一般的に視力を回復させようとおもったら眼科で「ミドリン」や「サンドール」と言ったをもらい、「ワック」と呼ばれる器具で視力回復トレーニングを毎日続けないといけない・・・


それでも、最後にはメガネやコンタクトを使うか「レーシック」で手術
そんな風に考えていませんか?



でも最近は、自宅にいるちょっとした時間を使って
視力を回復させている人もいるんですよ!

>>自宅でできる視力回復法とは?!



アイ・トレーニング 視快研 小牧店の田中謹也インストラクターが言うには、視力回復に近視治療と称した目薬の処方は要らないんだそうです。

ましてやブルーベリーとかのサプリは視力回復に結びつく可能性は低い・・・。


田中謹也さんが監修された「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」は口コミ等の評価も高いですね。


NPO法人「 日本 視覚機能向上 研究所 」の 人体メカニズムに対する研究と、数多くの 実験・検証 を 繰り返した末に完成したアイ・トレーニング・コンプリートキットは6年間で987人の視力を回復させた改善率90%の視力アップ法で実績があるので当然かもしれませんね。


しかも180日で視力が改善されない場合は全額返金という保証まで適用されると言うから驚きです。


>>田中 謹也さんの視力アップ法を今すぐ確認する!

コンタクトとメガネの選び方

ハードコンタクトレンズにかんしてですが、ハードコンタクトレンズは、乱視を矯正する力は弱く(乱視用のレンズもあれこれあるが、ハードレンズ程の効果はありません)。装用感に優れているのが特色です。痛みを感じにくく、病気にかかっていても自覚しにくい。大きく分けると、従来のレンズに加え、1日、1〜2週間、1ヵ月のレンズに分類できます。

※乱視用のコンタクトレンズは、レンズの眼の上での回転を抑え、乱視に合わせる事が重要になります。最近では各メーカーで、工夫を凝らした商品が開発されています。

ソフトコンタクトレンズに関してですが、ソフトコンタクトレンズは、様々なタイプの物が市販されていて、今までの乱視用コンタクトレンズに比べると、格段にレンズの回転が抑えられるようになりました。

※どのタイプのコンタクトレンズも、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、などの眼の病気がある人、コンタクトレンズの装着や、手入れができない小さなお子さんなどには向いていません。

視力を回復させる

子どもの視力をメガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)やコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)で矯正するだけでなく、トレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)によっても視力を回復させるところも増えつつあるんです。

通常大人でしたら、視力回復をするためにレーシック手術を受ける事が多くなってきました。レーシック手術は、痛みもそれほどなく入院をする必要もないため広く知られるようになりました。手術費用も年々下がってきていますから、受けやすくなってきたといえます。ただ子供の視力を回復させる為にはレーシック手術は受けられません。レーシックは20歳未満の子どもは受けることが出来ないのです。その為視力回復トレーニングを受ける子どもが増加傾向にあります。

視力回復センター(視力を回復するためのトレーニングの指導などを行う有料の施設をいいます)で視力回復の専門トレーニングを受けて、実際に視力が回復した子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)も大勢いらっしゃるでしょうね。子供のうちから視力が悪いと、今後の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をメガネやコンタクトレンズと共に過ごさなくてはいけないのです。それならば視力回復トレーニングを受けて、少しでも視力回復に向けて努力するのも良い方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)かもしれません。