×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の視力回復

ちかごろの子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は視力が低下していると言われています。子どもの場合、ほとんどが近視の悩みなのではないでしょうかが、多くはTVの見すぎやゲームのやりすぎ等の影響であると考えられているのです。またパソコンや携帯画面の見すぎなんかの影響が増えてくることが予想されます。

統計(手相や人相はは占いではなく、これに基づく学問だという説もあるそうです)によると小学生(一年生と六年生ではずいぶん違うものですよね)の4人に1人は視力が正常と呼ねれる1.0未満ですよね。四人に一人の子供が視力が悪いことは、30人のクラスですと、そのうち8人くらいはメガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)をかけていると言う事ですね。以前では考えられなかったと言うことなんです。

子供の視力回復は、親の責任(地位が高くなると、その分、大きく重く圧し掛かってくることも多いでしょう)と思っているのです。ゲームやTVの見すぎなどは親の指導でどうとでもなるということです。ただ注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)するに限ったことではなく、テレビやゲームを見すぎるとどうなってしまったかを、ちゃんと説明してあげることが効果的だと思います。