×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力が下がる病気

視力が下がる原因には、色々なことが考えられますが、病気が原因となっていることもあります。

例えば、近年増加しているのが、糖尿病網膜(網膜ディスプレイが人気を集めているみたいですね)症です。

糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)網膜(ブラザーがついにドラゴンボールのスカウターのようなメガネ型網膜赭査ディスプレイを開発したのだとか)症は、糖尿病の合併症の一つで、急に視力が下がって、最悪の場合には失明することもあるといわれています。

また、加齢黄斑変性という病気も増加傾向にありますが、加齢黄斑変性だったら、単に視力が下がるのではなくて、みようとするところがみえなくなり、やがて失明に至ることもあるそうです。

それから、外部からの衝撃や糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)の影響で、硝子体出血が起こることもあるでしょう。

硝子体出血は視力が下がるのほかに、黒い影などがみえることもあるでしょう。

ボクサーがよく発症する網膜剥離も、視力の顕著な低下と失明する危険性がある事で知られています。

視神経炎、白内障、緑内障と言う病気の場合にも、症状の一つとして視力低下が起こります。

病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が原因で視力が下がっているのに放置していると、取り返しのつかないことになってしまう恐れもありますから、急速に視力が下がった時には、すぐに眼科を受診するようにしてください。
ジニアスeye